PAGE TOP

お試し購入可能!シャトー ムートンロスチルド アートラベルの魅力 Chateau Mouton Rothschild (2012-2017年) 6本セット【限定20セット】

¥ 420,000 税込

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

購入するにはコンコルドワインクラブに入会申し込みが必要です。

入会申し込みはこちらのページよりお願いします。

まだ会員でない方のお試しワインはこちらをクリック!
https://concorde-amexpr.stores.jp/


当クラブでは通常会員様限定でワインを販売しておりますが、
この度アメリカン・エキスプレス様とタイアップで当メンバー様でない方もお試しで購入できるワインセットを多数ご用意いたしました。

☆会員になるとワイン1本からご購入可能です
☆イベント開催 2021年度は会員様限定フランスパリ3つ星レストラングルメツアー・山梨のミサワワイナリー訪問ツアーなど一般ではなかなか入れないイベントを多数ご用意しております
☆お誕生日やクリスマスにワインのプレゼントがございます
是非ご検討くださいませ!

【取り寄せ注文品】
フランスより空輸にて取り寄せるため、
月末締切、翌月末までの納品となります。
※12月のみ7日締切となります。

【渋谷康弘著『成功する人はなぜ、高いワインを飲むのか』プレゼント】

日本で初めてといっても過言でないくらいのセットです。

渋谷康弘のyoutubeチャンネルで解説をしております。
https://youtu.be/57euhcE4GLI

19世紀にロスチャイルド家創業者の孫にあたる英国ロスチャイルド家のナサニエル・ロスチャイルドが投資したワイナリーがシャトームートン・ロスチルドです。
1855年パリ万博でのワイン格付けで1級には選ばれることを見込んで巨額の投資をして購入したのですが、目論見が外れ不運にも2級となってしまいます。その無念を「われ1級たり得えず、されど2級たることを潔しんとせず。われムートンなり」と表してリベンジを誓いました。
20世紀になり、次の当主バロン・フィリップは挑戦を繰り返します。
1924年、オリジナル・エチケットをデザインして、1945年以降は毎年異なる芸術家がワインラベルデザインさせるアートラベルを開始。以降、ムートンの名声は高まり、1973年ついに1級へ昇格。
「われ1級たり、かつては2級なりき。されどムートンは変わらず」と思いを表した名言は有名です。
そしてワインのもう一つの楽しみはラベルのコレクションです。ムートン・ロスチルドのラベルには深い意味が込められています。

・Chateau Mouton Rothschild  
2012年: Miquel Barceló ミケル・バルセロ
スペイン・カタルーニャ生まれ。「現代のピカソ」と呼ばれています。
ムートンのシンボルである向かい合った牡羊を現代風に描いています。

・Chateau Mouton Rothschild  
2013年: Lee U-Fan 李 禹煥(リ・ウーファン)
大韓民国生まれ。日本を拠点に世界的に活動している美術家。
紫色のブドウ果汁が醸造所の中で偉大なワインになる様子を描いています。

・Chateau Mouton Rothschild  
2014年: David Hockney デイヴィッド・ホックニー
イギリスのブラッドフォード生まれ。ポップアート運動にも参加した現代芸術を代表する画家。
 フィリピーヌ・ド・ロスチルへの敬意を証言したワイングラスを描いている。

・Chateau Mouton Rothschild  
2015年: Gerhard Richter ゲルハルト・リヒター
ドイツ・ドレスデン生まれの画家。「ドイツ最高峰の画家」と呼ばれています。
アートラベルには「Flux(流動)」をテーマに原料ブドウのブレンドをテーマにして描いています。

・Chateau Mouton Rothschild  
2016年: William Kentridge ウィリアム・ケントリッジ
南アフリカ・ヨハネスブルグ生まれ。アニメーション・フィルムで世界的に知られます。テーマは「バッカスの勝利」として酒に酔いしれる人々を描いています。

・Chateau Mouton Rothschild  
2017年: Annette Messager アネット・メサジェ
フランス生まれの芸術家。小物を使った作品からインスタレーション(室内オブジェ)を手掛け、アートラベルには聖書に関連する二つの物質「ハレルヤ」が乳房とワインで描いています。

関連カテゴリ